ほうれい線対策を始めよう

美容液やマッサージなどで手軽にできる方法でほうれい線ができないように予防をしよう

簡単に出来るほうれい線対策方法

女性の方であれば、実年齢よりも若く見られたいと思うのは当然で、実際そう感じている方は多いでしょう。実年齢よりも若く見せるポイントは「ほうれい線」です。これを目立たせないようにする事が大切なのですが、ほうれい線とは口の両端から小鼻の両脇にかけて伸びる二本のシワの事です。人相学では漢字の表記がされ「法令線と」書くそうです。

実はこのほうれい線、若い頃は薄くて浅いのであまり目立ちません。ですが、年齢を重ねるごとに段々と深くなってきて、クッキリとしてくるので目立ち始めてしまいます。なので、同じ年齢の方でもほうれい線が目立つ方の方が、老けて見えてしまいます。

芸能人の方で言えば、沢尻エリカさんや長澤まさみさん、高島礼子さん等はほうれい線が目立つ方なので、実年齢よりも上に見え、落ち着いた雰囲気のような感じがしますよね。つまり、アンチエイジング対策としてほうれい線対策をしていれば、効果的だという訳です。

さて、ほうれい線対策ですが、紫外線予防やマッサージをして顔の血行を良くしたり、美容液でキチンと保湿をする事が有効です。もし直ぐにでも効果を得たい方は、本格的な整形手術やメスを使わないプチ整形という方法もあります。ですが、費用もかかりますし、「整形」という事に抵抗がある方も多いでしょう。まずは、美容液やマッサージなど手軽に出来る方法から始めてみると良いと思います。

例えば、ほうれい線を改善するのに効果的なマッサージですが、リンパマッサージや造顔マッサージ、フェイササイズ等は口コミで効果的だと評判になっています。他にも、ペットボトルを使ったマッサージもお肌にやさしいので、簡単に出来る対策方法になりますよ。

ほうれい線対策にマッサージやエクササイズは大切

ほうれい線予防のトピックでもご紹介しましたが、「マッサージ」や「エクササイズ」は、ほうれい線が出来てしまった後、それを解消したい場合にも効果があります。ほうれい線ができてしまったということは、顔の表情筋が衰えてしまったという原因が十分に考えられます。その表情筋を鍛え直すためにも、マッサージやエクササイズは自宅で手軽にできる、ほうれい線の対策法になります。シッカリと顔の表情筋をトレーニングして、たるんでしまった頬をリフトアップし、ほうれい線を解消していきましょう。

ただ、マッサージもエクササイズも、始めればすぐに効果が現れる訳ではありません。毎日洗顔やメイク、基礎化粧品を使うように、マッサージもエクササイズも欠かさずに行う事が大切です。もちろん、体調の悪い時やどうしても時間が取れない場合は仕方がありませんが、朝や夜、化粧水や乳液、保湿クリームを使う時に取り入れるなど、出来るだけ欠かさずに行うようにしましょう。

また、マッサージは特に顔の血流やリンパの流れを促進してくれ、老廃物を取り除く作用があるので、ほうれい線にとってはとても効果的なんですよ。マッサージもエクササイズも、継続すればするほどほうれい線解消の効果も大きくなります。更に両方を併用することで、相乗効果も得る事が出来ます。

いつまでもほうれい線知らず、シワ・たるみ知らずの若々しい顔でいるためにも、自分に合ったエクササイズやマッサージを選んで、毎日続けるようにしましょう。